FC2ブログ
  • « 2018·11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2010’04.09・Fri

LASIK

3月29日(右目手術)、4月5日(左目手術)
3月29日にレーシック手術をしました。両眼の予定でした。が、いざ、左目にとりかかろうという時、左目用の機械が作動しなくなり、医者は、25年以来初めてのことで、医療器具のその会社に問い合わせると1週間かかるとか。で、私の後に5人待っていた人は、手術もせず、帰宅したが、私は、片目だけ手術をうけて、しかも片目あけては、右目にプレッシャーがかかるから両目とも翌日まで閉じておくようにいわれ、水中メガネのようなゴーグルをつけさせられ帰宅。その日は、夫が晩御飯を用意し、子供達も、ブッタくんにトイレを連れていってくれたりと、私は、夕食後いつの間にか朝まで寝ていました。日本でも大阪の梅田で検診までいったものの、手術後の定期検診は日本にいないことを理由にキャンセルしたけど、アメリカに来てから調べると、日本と同じ値段だし保険もきかないことと、また日本の友人からレーシックやったよと聞いたから、決断。片目だけ手術なんて運が悪いと思ったけど、考えようによっては、左目手術中に作動しないほうがもっと運悪いとひらきなおり、4月5日左目の手術。レーシックは5分ぐらいとあっという間に終わった。その日は、夕飯に夫がいれないので、朝、私が作っておいたマカロニ&チーズ(アメリカでは一般的なインスタントパスタ)をベルちゃんが温めてくれ、この日ももちろん私は、両目を開けてはいけないので、夫が帰ってくるまで姉達が弟の面倒をみてくれて、私もいつのまにか寝てしまっていた。翌朝起きてみると、子供達はちゃんとパジャマに着替えてねていて、歯磨きもしてあった様子なので安心した。しばらくは、まだはっきりと見えないと言われたけれど、すでに見え方の違いに気付いた。子供と遊んでいるととメガネのフレームがいつ歪むか不安だったけど、もうメガネもかけないでいいのですごくうれしい!
スポンサーサイト

Categorieブログ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。