FC2ブログ
  • « 2009·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’12.19・Sat

手作りお菓子

子供たちは、ベイキングが大好きで、今日は、オーロラちゃんといつものオートミールクッキーを作りました。オートとは、大麦のことで、よく朝ごはんとしてこちらではよく食べられているのですが、あったかいシリアルなんだけど、体にはいいが、あったかいシリアルは子供たちは、慣れていないので、クッキーとして忙しい時の朝食用に作っています。
大麦は繊維や鉄分が豊富で、しかも安い。水に加えて、レンジでチンするだけて朝食のオートミールを毎日食べるとお通じもよくなります。ネトネトしているんで私は大好き。で、オーロラちゃんも、ブッタくんも自分で作ったクッキーが好きみたいで、チョコレートチップの代わりにレーズンをいれています。節約のため、家でクッキーやマフィンを作ったほうが安いし、砂糖もコントロールできるので、子供にもいいかな。
nikamixing1.jpgalexmixing.jpgoat.jpg
nikacookie.jpgnikacookie1.jpg
ベルちゃんは、学校でジンジャーブレッドハウスを作ってきた。いわゆる、クッキーや砂糖やキャンディーで作ったお菓子の家で、クリスマス近くになると、あちこちでジンジャークッキーやこのお菓子のおうちが売られています。
ginngerbread.jpggingerbreadhouse.jpgsannin.jpg


スポンサーサイト

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2009’12.16・Wed

11月26日 Thanksgiving

感謝祭とは、1620年にイギリスからアメリカに移住してきたピルグリム(イギリスのピューリタン)が知らない土地で食べ物もなくろくに食べ物も収穫できず、厳しい寒さと飢えで多くの死者がで、それをみたインディアンが、彼らに、種を与え、この土地の食べ物を分け与え、七面鳥などの飼育動物も提供し、翌年1621年に初めて、彼らが食べ物の収穫に成功したのを機にインディアンを招待したところから感謝祭が始まっているのだけれど、歴史を知る限り、白人ってひどい。もし、その時、飢えに苦しんでいるところをインディアンが助けなかったら、彼らは生き残れなかったのに。其のあと、次々と彼らビルグリム移住者のもとに、イギリスから移民は来て、インディアンとの約束をやぶって、アメリカ全土を乗っ取ったから残酷よね。名の由来のとおり、インディアナ州は、多くのインディアンがいて、この州のあちこちの町の名は、インディアンっぽい名前が多いです。もちろん、インディアンの子孫は、まったくこの辺りにはいません。普通は感謝祭では、神への食べ物の感謝が話題になるが、私は、子供(まだ6歳の)に、インディアンと白人との残酷な歴史も付け加えて教えています。
で、感謝祭は、普通、ターキーと、クランベリーソース、オーブンで焼いたさやえんどうとパン粉の詰め物とかぼちゃのパイです。今は、夫の実家の近くに住んでいるので、お呼ばれしました。いつか、わたしも、あのどでかいターキーを焼く日がくるのかと悩みつつ、それとも買ったほうが早いなーと思ったりして。
thanksgiving.jpg

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。