FC2ブログ
  • « 2018·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2010’08.12・Thu

Adventure camp

ベルちゃんとオーロラちゃんはこの夏は寄付から成り立っているAdventure camp に参加しました。これは、このcountyの学校区域の子供たちなら参加できるもので、ありがたいことに内は、普段から教科書など免除がおりてるので、このキャンプの参加費も免除がおりました。ある意味ラッキー?
キャンプと言っても山間でテントを貼ってというのではなく、このキャンプは6月初旬から7月末まで毎日学校の時間帯に合わせて小学校であり、朝8時半から3時まで、朝食、昼食も支給されて、しかも週2回はプールに連れて行ってくれました。運よく、その小学校もベルちゃんの通っている学校が使われ、いろんな学校の子がこの夏のキャンプに参加し、子供たちは新しい友人を作る機会にもなりました。毎週活動テーマがあり、そのテーマに沿った内容で毎金曜日は遠足に連れて行ってもらいました。バスの送り迎えもありますが、主に、違う学校区域の子供たちに合わせているので、普段のバス停には、夏のキャンプのスクールバスは停まらず。この夏の暑い毎日、(夫が車を使っているので)、子供3人を連れて歩いて送り迎えしていました。そのおかげですっかり日焼けです。
この夏休み、子供を連れまわすのも暑くて億劫だし、お金もかかるしどうしようかと思っていたけれど、このキャンプのおかげで、ベルちゃんもオーロラちゃんも充実した夏を過ごしました。(私も大助かり!)
最後の日は、夜、各自が食べ物を持ち寄って学校でパーティーがあり、Riley hospitalの募金集めにベルちゃんのポスターも飾ってありました。ベルちゃんは先学期、アメリカの大統領の発表でJFKを選び、その時に覚えた彼の有名な演説の一部を変えてIt’s not the hospital can do for you. It’s what you can do for the hospital.といったキャッチフレーズを考えました。担任の先生とパーティーで会った時、先生はとっても感激して、このポスターを大事にとっておくと半泣きで私に言ってくれました。
flyer.jpg


オーロラちゃんの担任の先生ともお会いしました。先生はオーロラちゃんはとっても機転のきく子で、クラスの子が遊具から落ちて大けがした時、先生が救急箱をとってきてと叫ぶとオーロラちゃん一人が一目散に走って救急箱をとってきたらしい。その話は、オーロラちゃんから一切聞いていなかったので、キャンプに参加して成長したなーと関心。来週からもう学校が始まります。今年はどこにも旅行にいけずでしたが、子供たちにとっては充実した夏休みだったと思います。
スポンサーサイト

Categoriekids  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2010’08.08・Sun

3rd birthday

ブッダくん3歳のお誕生日を迎えました!
買ってきたチーズケーキにいちごを並べたよ。

3rdbirthdaycake.jpg

二人のお姉ちゃんは大好きな弟のために各自おこづかいをだしてミニカーと手作りのカードをプレゼントしました。マミーが言わなくても自分たちでプレゼントを用意しているところに夫も私も胸キュンです。優しいお姉ちゃん達でよかったね、ブッダくん。
cards.jpg
sistobro.jpg

ちょうど渡米したころは、真ん中のオーロラちゃんが3歳の誕生日を迎えたころで、彼女と比べるとまだ、ブッダくんは幼いところがあるかしら?でもよく好き嫌いなく何でも食べてくれ、オーロラちゃんの背をこすのではというくらい猛スピードで背が高くなっていき、健康に育っているので親孝行です。公園で遊んでいても、ちょっと休憩と言って岩の上で寝ころんで一休みするマイペースなところ私似かな。いつもニコニコしていて、幸せいっぱいだね。それが親にとって何よりです。本当に子供の成長は早いです。(あー、でも3歳の時期がすぎると赤ちゃんけもなくなっていくので寂しい。)


superman.jpg
スーパーマンのつもりらしい。

Categoriekids  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2010’07.31・Sat

家庭の医学

上の子を朝、学校に送って2時間後に学校から電話がかかってきた。また、ベルちゃんかなと予想して電話にでると的中!ベルちゃんは前の学校でもよく保健室にお世話になる子で理由は、鼻血か腹痛。今回は腹痛でした。
腹痛がでると歩けないくらい痛み、今の学校は家から近いので迎えにいきました。(以前の学校は家から遠かったので、学校から電話があっても、車がだせないので学校で待機していなさいと言っていたのですが)家に帰ってきた娘は2時間も横たわってうめいていました。みぞおちの左側なので、盲腸でも十二指腸潰瘍でもないから安心と、私は薬をのませて安静させました(本人はうめいていました)。痛いのはわかるがかなりわめくのでDVDをみせると静かに。それもカモマイルティーとハニーをあげると落ち着くからなんとも簡単な処置です。それもこのティーはポーランドのティーでハニーもこの州ので、ちょっと特別の時に作ってあげるものなので、その特別が子供には“薬”になるらしい。あんなにわめいていた痛みも忘れさってしまいました。
ハーブティーもハニーも体にいいものなので常備しておくといいです。

私は、めったに腹痛なんかなかったし、ネットで調べると子供のおなか痛はよくあることらしいですが、どうなんだろう。

honeytea.jpg

Categoriekids  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2010’07.10・Sat

public pool (7月5日)

公園の敷地内にあるプールへ子供たちを連れていきました。姉の学校のキャンプも独立記念日の翌日ということでお休み。ブッタくんは以前からプールにはいかないと言っていたので、水に慣れさせるため、プールに行くことを計画。去年はまだ小さかったのでプールにいった記憶がないみたい。最初は、赤ちゃんようの浅いプールに連れていったが、姉がたが深いプールで遊んでいるのをみて、行きたがってそうだったので連れていくや、泣きもせず、とってもうれしそうに水を蹴っていました。しまいには、私の手を振り払って自分で泳ぎたがっていました。滑り台も夫と一緒に入り、とっても楽しそうでした。上の子は、5歳までは、プールが嫌いで、滑り台があるよと説得してもプールに入りたがらずでしたが、やっぱり男の子は違うなーと思いました。

3pool.jpgwaterslide.jpg4pool.jpg
pool3.jpg

Categoriekids  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2010’07.04・Sun

学校に行きたいよー。

6月から夏休みが始まり、姉ちゃんは、毎日、学校で行われている“キャンプ”に参加していて、僕もいきたいよ。僕はまだ小さいからいけないといわれているけれど、僕も参加したいよ。マミーが僕にくれたバックパックを持って近くの公園に来ました。この公園はとっても広くて、プールも敷地内にある。僕はストローラーを芝刈り機の真似をして歩くのが好きなんだ。(ブッタくんの日記でした。)
walking.jpgpoolpark.jpg

Categoriekids  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。